読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自作アンプ・DAC

バランス型ヘッドホンアンプのキットを組み立てた

バランス出力専用設計ヘッドホンアンプキット「でありやす!」を購入して組み立てました。 組み立て 一部のコンデンサだけ、家にあったものを使いました。それ以外の部品は付属の物や指定された物を使っています。 動作確認 ファンクションジェネレーターと…

低電圧ヘッドホンアンプを作りなおした

↓の記事で作成したnabeさんの低電圧ヘッドホンアンプを作りなおしました。 nabeさんの低電圧ヘッドホンアンプ再度作成 - 工作とか、プログラミングとかmia-0032.hatenablog.jp 作った当時から、配線の引き回しがよくなかったのか、無音時のノイズが気になる…

バランス出力のヘッドホンアンプを作った

3年前に途中まで作って、そのあと手をつけていなかったバランス駆動のヘッドホンアンプを完成させました。 最近はオーディオ関係の工作はやっていなかったので、久々のオーディオ記事になります。 回路は、ぺるけさん設計のFET差動バランス型ヘッドホンアン…

バランス出力のヘッドホンアンプ製作中

前回のエントリでヘッドホンをバランス出力に対応させたので、次はヘッドホンアンプです。 ぺるけさん設計のFET差動バランス型ヘッドホンアンプ http://www.op316.com/tubes/balanced/balhpa.htm を作ります。 ラグ板に部品を取り付けるところまでは終わりま…

Stereo誌 LXA-OT01 改造

Stereo誌の付録アンプ LXA-OT01 は、そのままだと無音時に結構サーというノイズが入ってしまう感じだったので改造してみた。 GAINは20dBに変更。・変更箇所-コンデンサC21:マザボ用の低ESR 1600uF/16VC32,14,43,48:OSコンC6,45:指月積層フィルム 1uF (これ)C…

USBから光デジタル出力できるアダプタを製作

PCM2704を使って、USBから手軽に光デジタル出力できるアダプタを製作しました。 使用した基板は、お気楽オーディオキット資料館のISO2704 USB-SPDIFアイソレートモジュール。 本来はPCのGNDから分離されたデジタル出力を得るための基板ですが、今回はUSBに接…

続・nabeさんのD級アンプ

昨日、組み立てたnabeさんの TPA3110D2 をつかったD級アンプ(Ti製TPA3110D2でLCフィルタレスD級アンプの製作 - nabeの雑記帳)。 D級ということで消費電力が少なそうなので、電池駆動してみました。アルカリ電池10本で約15V。電流は約100mA流れてるみたいです…

nabeさんのD級アンプを組み立てた

nabeさんのD級アンプ(Ti製TPA3110D2でLCフィルタレスD級アンプの製作 - nabeの雑記帳)を組み立てた。 デジットで売ってたケースを使ってコンパクトにまとめることができた。同じくnabeさんのTPA1517のアンプとの比較。両方ともスイッチングACアダプタでの視…

strvさんのD級アンプ(DPA01)

冬コミにてstrvさんが配布していたD級アンプDPA01(STRV's BLOG DPA01取説公開)を組み立てた。 最初、なんか信号が出てこないなーと思ったら、ジャンパーを忘れてた。この基板でフロントパネルとリアパネルを作ってあるというアイデアはすばらしい。おかげで…

WM8741搭載のRenew DAC8741-1.5完成

結構前だけど、WM8741搭載のDACが完成した。 このDACはFN1242と同じ傾向の音な気がする。高音がきれい。フィルター切り替えが可能だけど、再生中に切り替えても違いはよくわからない。オシロで見ると波形はだいぶ違う。

PCM1795搭載のDAC1795-1.5 完成

ケース加工も終わって完成しました。 一聴した感じでは低音の量感がすごいです。フィルターの切り替えができる機能もついてますが、切り替えても違いはよくわからなかったです。デザイン面では右のトグルスイッチはもう少し右の方がよかったかなと思っていま…

TPA1517搭載のデスクトップ用パワーアンプ完成

nabeさんのTPA1517アンプ(TPA1517 スピーカーアンプの製作 - nabeの雑記帳)と strvさんの電子ボリューム(STRV's BLOG 電子ボリュームが動いた!)をいっしょにいれて完成です。 電子ボリュームは小音量のときでも音が潰れないのがすごく良いです。特に、普通の…

TPA1517 パワーアンプの3台目を製作中

愛用してるnabeさんのTPA1517のアンプ(TPA1517 スピーカーアンプの製作 - nabeの雑記帳)の3台目を作ってる。 今回は委託販売のプリント基板を買って作った。OSコンSEPCが全部セットになっててありがたい。ケース加工は終わったので、後は入れるだけだけど、…

CS8416DAIのテスト完了

信号が正常に出ていることを確認。やはりオシロは便利。

PCM1795搭載のDAC1795-1.5の動作確認

動作を確認した。 最初、何か信号出なくてIC壊したかと思ったけど、単に電子ボリュームのボリュームつけ忘れてて、ミュート状態になってただけだった。このDACは2種類のフィルターを切り替えられる。実際に切り替えてみると、たしかに波形が違う。 ただ聞き…

DAC1795-1.5 と Renew DAC8741-1.5の基板完成

PCM1795搭載のDAC1795-1.5およびWM8741搭載のRenew DAC8741-1.5の基板は完成。まだトランスが届いてないので、動作確認はしてない。どんな音が鳴るか楽しみ。これぐらい小型な物がデスクトップオーディオにはぴったり。

PCM1795, WM8741を使ったDACなどを製作中

久々にオーディオ関係のものを製作中。全部、配布してもらったもの。緑のほうはPCM1795の32bitDAC、WM8741のDAC。赤い方はUSBからデジタル信号出力&デジタルの切り替え基板、CS8416のDAI。ケースに入れるのは、9月の長期連休中かなー。

TPA1517 パワーアンプの電源回路交換

nabeさんのLT3080の考察(LT3080(SOT-223/TO-220)の出力ノイズ検証 - nabeの雑記帳)を見ると、どうもLT3080は扱いづらそうです。 TPA1517のアンプはLT3080を電源回路に使っていましたが、これを機に3端子レギュレーターに交換することにしました。 3端子…

nabeさんの低電圧ヘッドホンアンプ再度作成

以前に作ったのは後輩にプレゼントしてしまったので、再度作成。回路等は 高品質な低電圧ヘッドホンアンプ(単3×2本) - nabeの雑記帳 にて。部品は、ローノイズ版2SC1815&2SA1015プレート抵抗MPC78タクマンREX抵抗マルツ高精度抵抗多摩電子LF抵抗ニッセ…

nabeさんのFETヘッドホンアンプ製作

nabeさんの設計した単三電池2本で動くヘッドホンアンプ(FETヘッドホンバッファアンプ(単3×2) - nabeの雑記帳)を作製。 コンデンサとFETの位置が明らかに逆です。よく考えずに作ったら、こんなことになってしまいました。部品は、2SK170BLと2SJ74BL、あと…

strvさんのHA10mini製作中

コミケで購入させていただいたHA10mini基板(http://strv.blog.shinobi.jp/Entry/362/)基板の方は、やっと部品もそろって作り始めました。まずは、米粒より小さいトランジスタのはんだ付け。 これはなかなか大変だった。 パターンが細かいので、久々に眼鏡か…

FN1242搭載DACのケージング完了

しばらく忙しくてバラックのまま使ってたFN1242をケージングした。ケースはYM。matsukataさんの作例(http://blogs.yahoo.co.jp/matsu_kat/57304709.html)がかっこよかったので、まねしてみた。ケースの足とネジ穴がかぶってしまったり、スイッチと干渉して…

YAHAアンプ製作

とりあえず、完成ケースに入れてない状態で聞いてみると、サーというノイズが常に入ってる真空管に手を近づけるとサーの音が変わるのでノイズを拾ってるっぽいあと左と右のチャンネルでプレート抵抗の電圧が違う・・・まともに音を聴けるようになるのにはも…

YAHAアンプ製作中

MTM05で買ったYAHAアンプというヘッドフォンアンプを製作中普通,真空管アンプというと200Vとかの高電圧を使ってるもんだけど,感電とか考えると手軽なものではない.このYAHAアンプは12Vという低電圧で動作するように設計された真空管アンプ.もちろん通常…

FN1242搭載DACのDIR9001がうまくロックしてくれない

以前,ブログに書いた時以降,どうもFN1242DACの調子が悪かった.症状は,DIR9001がうまくロックしてくれないというもの.何度も電源入れなおすとたまにロックしてくれる.一度ロックすると,それ以降は普通に聞ける.いろいろいじってると,DACを取り外して…

FN1242搭載DACでオペアンプ基板聴き比べ

FN1242DACでLME47910とOPA134、A7基板、A10基板、A11基板を簡単に聴き比べしてみた。DCサーボにはOPA134を使用。 OPA134低音よりのバランス低音の響き(悪く言えばぼわつき)みたいなのがあるLME47910すっきり、くっきり、きっちりモニタ調って感じA11基板 高…

FN1242搭載DAC完成

しばらく手をつけてなかったDAC1242だけど、やっと基板が完成した。以前のときとはオペアンプ用の電源基板を変更していて、巷で評判のいいLED電源にした。この変更は非常に効果があった、低音の勢いや量感がだいぶ改善された。あとはディスクリートオペアン…

FN1242搭載DACの動作確認

以前、作ってると書いたFN1242A DACが、動作確認できる状態まで完成した。 今は、音だしテスト中。ディスクリオペアンプ基板は、A10を使用。非常に電気的な特性の良いオペアンプみたい。最初音出した時は、なんというひどい音と思った。曲の途中にノイズ入る…

TPA1517 パワーアンプの2台目を製作

以前、試しに作ったnabeさん設計のTPA1517アンプ(TPA1517 スピーカーアンプの製作 - nabeの雑記帳)の音が良かったので、再度、部品を変えて製作しました。 今回の部品構成は以下のようになりました。 電源:18V0.8AのスイッチングACアダプタレギュレーター:…

FN1242搭載DAC製作中

ちょうど1年前に買ったまま放置していたFN1242 DACをいまさらながら作り始めた。 まあキットなので、はんだ付けしていけばいいだけ非常に楽。標準でついてる電源基板は、レギュレーターを使った非常に簡単なものになっている。電源は音質に直結するのでここ…

iPod touch用のラインアウトケーブル

iPod touchのヘッドフォン出力をそのまま使ってもいいのだが、せっかくヘッドフォンアンプがあるなら、iPod内のアンプはスルーしたい。ということでDockコネクタからラインアウトを引きだした。 TanukiTamマニマニ : iPhoneのDockラインアウトケーブルを作成…

TPA1517 パワーアンプを製作

nabeさん設計のTPA1517パワーアンプ(TPA1517 スピーカーアンプの製作 - nabeの雑記帳)を作ってみました。 nabeさんの設計するアンプは、自分のニーズに合っててすばらしいです。小出力・シンプル・音が良いという3拍子揃っています。今回は、実験として、あ…

nabe氏のヘッドフォンアンプに使った部品

結構トラックバックから飛んできてくれる人がいるので追記使った部品は抵抗:タクマンREY 1/4W 150オーム福島双羽電機 MPC78 1オームコンデンサSEPC 6.3V 1500uFニッセイAPS 0.1uFトランジスタ2SC1815LY2SA1015LYという構成オペアンプはNE5532Dオペアンプは…

ヘッドフォンアンプ製作

nabe氏設計のヘッドフォンアンプ(http://nabe.blog.abk.nu/op-dbuf)を作成電池4本で動くようにした4本にした理由は、スピーカーも鳴るかなぁと思ってオペアンプはLT1364を選んだのだが・・・これは後々・・・最初、片方から音が出ない上に、なんか電源のLE…

WM-61Aを使った測定用マイクとプリアンプ製作

秋月電子で売ってるWM-61Aというコンデンサマイクを購入以前、麻布オーディオの店員さんが教えてくれたものこのマイクはそのままでも十分な性能を持っているが、改造すると耐入力が上がるらしい以下のページを参考に改造+プリアンプ製作 http://www.geociti…

続・LTSpiceでシミュレーション

お気楽でないPAだが、ちょこちょこシミュレーションしながら構成を考えてる小出力なら、電流帰還HPAの方が優秀なのかなと思い、こちらもシミュレーションしてみたHPAの方が、電源電圧が十分なら、歪み率が低い結果となったがお気楽でないPAの方が、同じ出力…

LTSpiceでシミュレーション

LTSpiceで「お気楽でないPA」の回路のシミュレーションをしてた電源電圧をどの程度まで下げると音が歪み出すかどうかを調べた。条件は、入力:2Vの1kHzのサイン波ゲイン:5倍C11:なしアイドリング電流:50mA大体、±18Vぐらいがぎりぎりのライン安定させるに…

真空管アンプ TU-870 最終構成

結構TU-870で検索して見に来てくれる人が多いので、最終的な構成をメモ代わりに書いておこうと思う電源部トランジスタによるリプルフィルター搭載トランジスタは回路図に載っているトランジスタの代わりに使えるものをデジットのお兄さんに聞いたら出してく…

お気楽でないPA完成

お気楽でないPAが完成したケースはタカチのYM400一番安かったのでこれにしたこれでも結構ぎりぎりなサイズトランスはRSのトロイダル120VA、25Vかな保護回路用に5VAのトランスも使ってる安井式ノイズフィルターを電源には搭載ダイオードは、FCH10A15とFRH10A1…

PCM1794搭載のDAC1794D + DIR9001のASRCのパーツ構成

現在のパーツ構成 トランスRSのトロイダル30VAの18V、30VAの9V電源MINIディスクリ正負*2(アナログ15V*2)MINIディスクリ正5V*2(DACアナログ*2)MINIディスクリ5V*1(DACデジタル*1)MINIディスクリ3.3V*1(DACデジタル*1)I/V変換Mills 無誘導巻き線抵抗5W 確か300…

PCM1794搭載のDAC1794D + DIR9001のASRC 完成

以前から製作していたDACがついに完成しました。近くで見ると若干雑い仕上がりですが、こうしてみるとなかなかのものかなと最初1つLEDが光らなくて、テスターで計っても特にショートしてたりしなかったのでLEDが壊れたかと思いましたが、結局は抵抗の値を大…

PCM1794搭載のDAC1794D + DIR9001のASRCを製作中

お気楽オーディオキット資料館ってサイトで購入した基板ASRCとDAC基板をつなぐときに抵抗つけないとノイズが出る。抵抗をつけてたんだけど、その下を通るパターンのカットし忘れで抵抗の意味がない状態だったみたい。きちんとカットしてから電源をつないだら…

真空管アンプ TU-870 改造その2

ぺるけさんのページを参考に三極管接続に改造することに。昨日、日本橋まで行って部品買ってきた。1発では動かず原因がわかるまで結構な時間を使ってしまった。症状は左からしか音が出ない。原因は配線を1箇所し忘れ。高圧の電気が流れているのでゴム手袋を…

真空管(6BM8)交換と聞き比べ

真空管(6BM8)をElectoroHarmonix製(綴り合ってるかわからん)から松下製に変えてみた。正直なところ時間を余り空けずに同じ曲を差し替えて聴いてみるぐらいしないとはっきりとはわからない感じまぁ真空管が100度近くまで熱くなるのですぐに差し替えとかは無理…

真空管アンプ TU-870 改造その1

上が改造前下が改造後2chのスレに載ってた改造を真似してやってみました。コンデンサが全体的に巨大化してます。音は、低音がよく出るようになりました。個人的な感じとしては今の状態が好きです。完成したスピーカーを早く持って帰って繋いでみたいところ--…

真空管アンプ TU-870 その2

次にケースに組み込みここからが大変だった15本のケーブルを適切な場所に半田付けケーブルの処理がかなり大変いよいよ真空管挿し結構固くてなかなか入らなかったが、ぐりぐりすると入ったためしに電源をオンにして様子をみるが、特に何も問題はなさそうだっ…

真空管アンプ TU-870 その1

ついにジョーシンで10%OFFセールやってたので購入ポイントも使ったので1万5千円くらいだった意外と重かったトランス3個で重さのほとんどを占めてるっぽいけど入ってた真空管はエレクトリックハーモニーというロシアのメーカー製割といいメーカーっぽい?特…