工作とかプログラミングとか

作った物について書きます

タカチHITケースのパネルをミスミmeivyに発注

最近はタカチのHIT23-7-18ケースを愛用しているのですが、パネルは単体では販売しておらず入手できません。

しかし加工に失敗したときや後から構成を変えたくなったときに新品のパネルが欲しくなります。

ミスミのmeviyでオーダーメイドの板金加工ができると聞いたので、そのサービスを使って試しにパネルを製作してみることにしました。

3D CADで図面を描く

ミスミのmeviyに発注するには3D CADで描かれた図面が必要になります。そこで個人利用なら無償で使えるAutodesk Fusion360を使ってモデルを作ることにしました。

Fusion360には板金加工用にシートメタルの作成ができる機能があるので、それを使ってパネルのモデルを作りました。

f:id:mia_0032:20201010003504p:plain
3Dモデル

パネルはアルミ製でアルマイト処理をしたいです。アルマイト処理をするためには吊り下げ用の穴が必要ということだったので、電源スイッチを取り付ける穴を開けておきました。

このパネルを1枚、製作を依頼すると3000円程度でした。

出来上がり

1週間程度で物が届きました。

f:id:mia_0032:20201008115441j:plain
届いたパネルと元のパネル

上が元のタカチのケースに付いていたパネルで、下が今回製作してもらったパネルです。

ヘアライン加工の有無が違います。取り付けた感じではヘアライン加工無しでも特に気になりませんでした。若干落ち着いたデザインになります。meivyで表面加工まで指定できるのかはわかりません。

元のパネルは厚みが1.5mmだったようです。1mmかと思って、そう指定したところ少し薄くなってしまいました。次に発注するときはもう少しサイズ調整します。

まとめ

新たにケースを買うよりはパネルを作った方が安いですし、自分では綺麗な加工が難しい角穴などを開けてもらえることを考えると良いと思いました。

Amazon.co.jpアソシエイト