工作とかオーディオとか

作った物について書きます

自作アンプ・DAC

ROHM BD34301搭載DACのケージング

ROHM BD34301搭載DACのケージングを行いました。またオペアンプの聴き比べをして選定しました。

Cosmos ADCを使って測定する - ROHM BD34301搭載DACの製作

ROHM BD34301搭載のDACの製作を始めます。この記事ではCosmos ADCを使った測定を行い、デジタル接続の方法や電源を検討します。

TPA6120ヘッドホンアンプの改良とDC/DCコンバータ基板の改修

以前の記事で製作したヘッドホンアンプ ですが、以下の点が気になっていました。 入力電圧が5Vでは動作できず、6Vが必要なためUSBポートを電源として利用できない。 ヘッドホンの保護回路がなく、万が一のときに心配。 これらの問題を解消するために改修を行…

TPA6120を使ったヘッドホンアンプの製作

以下の記事でDC/DCコンバータを使った電源回路を製作しました。この電源回路は機器の小型化に役立ちそうですが、音質上の問題がないかどうか気になるところです。 そこで電源回路の違いが聞き取りやすいと感じるヘッドホンアンプを製作して試聴してみること…

スピーカー測定用LM3886パワーアンプの作り直し

スピーカーを測定するために製作したLM3886パワーアンプはウーファーのブレークインに使って負荷をかけてしまったためか、ノイズがのるようになりました。 無音時でもツィーターの測定などでは気になるレベルでノイズがのるため、測定には利用できません。そ…

DC/DCコンバータ電源の再評価と試聴

前回の記事の電源基板の出力ノイズを測定した時に値が非常に低いのが気になっていたので、原因の調査と再評価を行いました。 また良い機会なので、製作中のTPA6112を使ったヘッドホンアンプとLM3886を使ったパワーアンプで、トランス電源との聴き比べも行っ…

DC/DCコンバータを使った正負電源基板の製作

前回の記事でスイッチングACアダプタのノイズフィルタ基板を製作しました。 実際にアンプの製作を行うには正負電源が必要になることが多いです。ACアダプタを2つ使って構成することも可能ではありますが、見た目があまりスマートではありません。 そこで、前…

スイッチングACアダプタのノイズフィルタ基板の製作

スピーカー測定に使っているパワーアンプは、ウーファーの測定時にはそれほど気にならなかったのですがツィーターの測定時にはホワイトノイズが結構気になることがわかりました。 また前回の測定のような外で測定を行う場合にはもっと軽い方が持ち運びが楽で…

LM3886とLM1972を使ったプリメインアンプを製作

きっかけ 構成 電子ボリューム部 パワーアンプ部 基板配置の検討 組み立て 完成 おわりに さらに小型化 きっかけ ユニットの選定 - Scan-Speak Discoveryシリーズで自作2wayスピーカー - 工作とかオーディオとかで新しいスピーカーの製作を行っています。 ス…

タカチHITケースのパネルをミスミmeivyに発注

最近はタカチのHIT23-7-18ケースを愛用しているのですが、パネルは単体では販売しておらず入手できません。 しかし加工に失敗したときや後から構成を変えたくなったときに新品のパネルが欲しくなります。 ミスミのmeviyでオーダーメイドの板金加工ができると…

パワーアンプの電源回路を検討

パワーアンプの製作を考えているので、電源回路にどういったものを採用するか検討してみました。 出力電圧は15V前後、電流は1Aくらい流すことを想定して、3段ダーリントン接続の電源回路をLTSpiceでシミュレーションしてみました。 特に矩形波を流したときの…

PCM1795 DACのケースを新調

きっかけ 基板配置の検討 構成 電源部 DAC部 組み立て 完成 おわりに きっかけ PCM1795搭載DACの電源周りを強化してケージング - 工作とかオーディオとかで製作したDACですが、機能のわりに筐体が大きくなってしまいました。 特にWM8741を使ったDAC+電流帰還…

WM8741を使ったDAC+電流帰還パワーアンプを製作

きっかけ ケース選びと基板配置 構成 電源部 DAC部 パワーアンプ部 組み立て 完成形 感想 きっかけ PCM1795搭載DACの電源周りを強化してケージング - 工作とかオーディオとかで電源周りを強化したところ、低音の量感が増強されて良い感触を得ました。 約8年…

PCM1795搭載DACの電源周りを強化してケージング

ねらい 外観 ケース 内部構成 オペアンプの選定 LCDコントローラー 感想 ねらい 6年くらい前に製作したバーブラウンPCM1795を搭載したDACキットのDAC1795-1.5(過去記事)ですが、低音の迫力が欠けるているように感じていました。 そこで久々に改造して、電源…

バランス型ヘッドホンアンプのキットを組み立てた

バランス出力専用設計ヘッドホンアンプキット「でありやす!」を購入して組み立てました。 組み立て 一部のコンデンサだけ、家にあったものを使いました。それ以外の部品は付属の物や指定された物を使っています。 動作確認 ファンクションジェネレーターと…

低電圧ヘッドホンアンプを作りなおした

↓の記事で作成したnabeさんの低電圧ヘッドホンアンプを作りなおしました。 nabeさんの低電圧ヘッドホンアンプ再度作成 - 工作とか、プログラミングとかmia-0032.hatenablog.jp 作った当時から、配線の引き回しがよくなかったのか、無音時のノイズが気になる…

バランス出力のヘッドホンアンプを作った

3年前に途中まで作って、そのあと手をつけていなかったバランス駆動のヘッドホンアンプを完成させました。 最近はオーディオ関係の工作はやっていなかったので、久々のオーディオ記事になります。 回路は、ぺるけさん設計のFET差動バランス型ヘッドホンアン…

バランス出力のヘッドホンアンプ製作中

前回のエントリでヘッドホンをバランス出力に対応させたので、次はヘッドホンアンプです。 ぺるけさん設計のFET差動バランス型ヘッドホンアンプ http://www.op316.com/tubes/balanced/balhpa.htm を作ります。 ラグ板に部品を取り付けるところまでは終わりま…

Stereo誌 LXA-OT01 改造

Stereo誌の付録アンプ LXA-OT01 は、そのままだと無音時に結構サーというノイズが入ってしまう感じだったので改造してみた。 GAINは20dBに変更。・変更箇所-コンデンサC21:マザボ用の低ESR 1600uF/16VC32,14,43,48:OSコンC6,45:指月積層フィルム 1uF (これ)C…

USBから光デジタル出力できるアダプタを製作

PCM2704を使って、USBから手軽に光デジタル出力できるアダプタを製作しました。 使用した基板は、お気楽オーディオキット資料館のISO2704 USB-SPDIFアイソレートモジュール。 本来はPCのGNDから分離されたデジタル出力を得るための基板ですが、今回はUSBに接…

続・nabeさんのD級アンプ

昨日、組み立てたnabeさんの TPA3110D2 をつかったD級アンプ(Ti製TPA3110D2でLCフィルタレスD級アンプの製作 - nabeの雑記帳)。 D級ということで消費電力が少なそうなので、電池駆動してみました。アルカリ電池10本で約15V。電流は約100mA流れてるみたいです…

nabeさんのD級アンプを組み立てた

nabeさんのD級アンプ(Ti製TPA3110D2でLCフィルタレスD級アンプの製作 - nabeの雑記帳)を組み立てた。 デジットで売ってたケースを使ってコンパクトにまとめることができた。同じくnabeさんのTPA1517のアンプとの比較。両方ともスイッチングACアダプタでの視…

strvさんのD級アンプ(DPA01)

冬コミにてstrvさんが配布していたD級アンプDPA01(STRV's BLOG DPA01取説公開)を組み立てた。 最初、なんか信号が出てこないなーと思ったら、ジャンパーを忘れてた。この基板でフロントパネルとリアパネルを作ってあるというアイデアはすばらしい。おかげで…

WM8741搭載のRenew DAC8741-1.5完成

結構前だけど、WM8741搭載のDACが完成した。 このDACはFN1242と同じ傾向の音な気がする。高音がきれい。フィルター切り替えが可能だけど、再生中に切り替えても違いはよくわからない。オシロで見ると波形はだいぶ違う。

PCM1795搭載のDAC1795-1.5 完成

ケース加工も終わって完成しました。 一聴した感じでは低音の量感がすごいです。フィルターの切り替えができる機能もついてますが、切り替えても違いはよくわからなかったです。デザイン面では右のトグルスイッチはもう少し右の方がよかったかなと思っていま…

TPA1517搭載のデスクトップ用パワーアンプ完成

nabeさんのTPA1517アンプ(TPA1517 スピーカーアンプの製作 - nabeの雑記帳)と strvさんの電子ボリューム(STRV's BLOG 電子ボリュームが動いた!)をいっしょにいれて完成です。 電子ボリュームは小音量のときでも音が潰れないのがすごく良いです。特に、普通の…

TPA1517 パワーアンプの3台目を製作中

愛用してるnabeさんのTPA1517のアンプ(TPA1517 スピーカーアンプの製作 - nabeの雑記帳)の3台目を作ってる。 今回は委託販売のプリント基板を買って作った。OSコンSEPCが全部セットになっててありがたい。ケース加工は終わったので、後は入れるだけだけど、…

CS8416DAIのテスト完了

信号が正常に出ていることを確認。やはりオシロは便利。

PCM1795搭載のDAC1795-1.5の動作確認

動作を確認した。 最初、何か信号出なくてIC壊したかと思ったけど、単に電子ボリュームのボリュームつけ忘れてて、ミュート状態になってただけだった。このDACは2種類のフィルターを切り替えられる。実際に切り替えてみると、たしかに波形が違う。 ただ聞き…

DAC1795-1.5 と Renew DAC8741-1.5の基板完成

PCM1795搭載のDAC1795-1.5およびWM8741搭載のRenew DAC8741-1.5の基板は完成。まだトランスが届いてないので、動作確認はしてない。どんな音が鳴るか楽しみ。これぐらい小型な物がデスクトップオーディオにはぴったり。

Amazon.co.jpアソシエイト

©2021 みや All rights reserved.