fluent-plugin-gcloud-pubsub-customをplaceholder対応しました

Google Cloud Pub/Sub用のFluentdプラグインfluent-plugin-gcloud-pubsub-customをFluentd v0.14から使えるplaceholderに対応しました。

v1.1.0からtopicパラメータにplaceholderが指定できるようになっています。

例えば、以下のようなfluent.confを書くことでタグの一部をtopicに指定することができます。

<match example.*>
  @type gcloud_pubsub
  project your_project_id
  key /path/to/keyfile.json
  topic ${tag[1]}

  <buffer tag>
    @type memory
    flush_interval 1s
  </buffer>
  <format>
    @type json
  </format>
</match>

タグごとに送るtopicを変更したいことは多いと思うので、便利になる機能かなと思います。 従来は同じことをやるのにforestプラグインを使う必要がありましたが、これからはプラグイン単体でできます。

また https://docs.fluentd.org/v1.0/articles/buffer-section に記載がある通り、時間やレコードの値を指定することも可能です。 autocreate_topicを設定することで自動的にtopicが存在しなければ作成することもできるので、より柔軟な設定が可能になりました。

ぜひ使ってみてください。