読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「進化するアカデミア」「HBR IoTの衝撃」他 を読んだ

読書 IoT

進化するアカデミア 「ユーザー参加型研究」が連れてくる未来

進化するアカデミア 「ユーザー参加型研究」が連れてくる未来

ニコニコ学会βについて、その発足のきっかけから、目指すものについて書いてある本です。

ニコニコ学会βには第4回のときのポスターセッションで発表したりしていて、個人的には気になっている動きなので、本書を読みました。

ニコニコ学会βのマニフェストについて述べている部分の

これまで研究と自分の間に縁がなかったと思う人々に、「研究」という世界への参加を呼びかけているもの (中略) 研究者に向けても、「ユーザーと一緒に研究する新しい世界」への参加を求め、両者がともに研究を進められる場をつくりあげよう

の部分が、ニコニコ学会βの理念をよく表していると感じました。

一時期、インターネットの集合知が注目されましたが、そのとき言われていた「新しい発想が生まれる」というよりは、まだ単に仕事の依頼をするという段階のように感じます。

「研究」ということについて、ニコニコ学会βが「ユーザーと一緒に研究する新しい世界」を生み出せるのか、個人的にはすごく楽しみです。


IoT(Internet of Things)についての特集号なので、読みました。

マイケル・ポーター氏が、IoTについて述べている記事が非常に読み応えがありました。

一部には、「IoTはすべてを変える」という意見もあるが、これは物事を単純化しすぎた危うい見方である。

この意見には同意で、最近はIoTという言葉がひとり歩きしている印象を受けます。

記事内では、スマート製品が実現する機能を4段階に分けて解説したり、競争戦略としてどの点に注力すべきか、またそこに注力する メリット・デメリットについて、網羅的にまとめられています。

個人的には、これまで読んできたIoT関連の記事の中で、一番、現実に即した見方をしている記事だと感じました。

IoTに興味があれば、読んでおいて損はない記事です。


高速スケーラブル検索エンジン ElasticSearch Server (アスキー書籍)

高速スケーラブル検索エンジン ElasticSearch Server (アスキー書籍)

Kibanaを使うときに、elasticsearchについても一通り学んでおいたほうが良いと思ったので、読みました。

取り扱っているelasticsearchのバージョンが少し古いですが、大枠をつかむには問題ありませんでした。

elasticsearchのデータ構造やシステム構成を考えるときに、非常に役立ちました。


伝わる・揺さぶる! 文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる! 文章を書く (PHP新書)

自分の考えを伝えることができる、またその考えを受け入れてもらう文章について、具体的な例を出しながら、解説している本です。

読む相手のことを意識しつつ、自分の考えを伝えていくために、必要となる論理の構築の部分から、相手の返信を想定したさらなるブラッシュアップのところまで、主に文章の論理・構成についてまとめられています。

文章の単語の選択や文自体の書き方というところは扱っていません。

添削前と添削後の文章が例示されており、また気をつけるポイントもコンパクトにまとまっており、大変理解しやすかったです。