読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RaspberryPiワークショップに行ってきた

勉強会・ハッカソン RaspberryPi

TokyoHackerSpaceで開催されたRaspberry Pi Work Shop @ THS #3に行ってきました。

ワークショップの内容は、RaspberryPiにキャラクタLCDを取り付けて、そこに温度と湿度、日時を表示するというもの。

ソフトウェアはTokyoHackerSpaceの方が作っていたものをそのまま使い、ハードウェアのハンダ付けを主にやっていく感じのワークショップでした。

ハンダ付けについては、よくやっているので、特に問題なく終わりましたが、そこからが大変でした。

できあがったもの。

RaspberryPiで試しにプログラムを実行してみると以下のエラー。

dht11_lcd_handa_swpullup.py:155: RuntimeWarning: This channel is already in use, continuing anyway.  Use GPIO.setwarnings(False) to disable warnings.
  GPIO.setup(3,GPIO.IN,pull_up_down=GPIO.PUD_UP)
using pin #  3

とりあえずRaspberryPiのOSが結構古かったので、

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get upgrade
$ sudo apt-get rpi-update

で最新バージョンにアップデートしても同じエラーが出て動かなかった。

いろいろと調べていくと、どうもRaspberryPiのRevisionによってGPIOのピン番号が違うらしい。

自分の持っているものはRevision1なのでプログラム内の以下の番号を書き換えた。

  • pin 3 → pin 1
  • pin 27 → pin 21

それで、再度実行してみると・・・

無事、動いた!!

ちょっとしたことだったけど、意外と情報なくて苦戦したので、動くとうれしい。

TokyoHackerSpaceは、大学のときの部室みたいな雰囲気があったのでまた行きたい。 毎週火曜日と水曜日はフリーで公開されているとのこと。

ワークショップの方々、いろいろとありがとうございました。 楽しいイベントでした。