file_get_contentsのちょっとしたオプション

この前はfile_get_contents()で無理やりExceptionを投げる方法を書いたけど、今回はもともとに用意されているオプションとかについて。


  • POSTで送るパラメータはhttp_build_queryで作る。
  • file_get_contentsの取得設定はstream_context_createに配列を渡して作る。
    • ignore_errorsをtrueにすると40x, 50xのレスポンスでも内容を取得できる。
  • file_get_contentsで発生したHTTPリクエストのヘッダーは$http_response_headerに入っている



サンプルコードは以下