読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「あの楽器」の原寸大の模型を作った

あの楽器

「あの楽器」のイメージをつかむために、スチレンボードで簡単に、原寸大の模型を作ってみた。

図面は、以下の動画で公開されているものを使わせてもらった。



イメージをつかむために作ったので、曲面加工などはしていない。

写真ではわかりにくいけど、思ってたよりも大きかった。
真ん中に埋め込んでいるのがiPadなので、液晶部分だけでiPadの3倍弱くらいある。
全長は1mちょっと。

今回は、曲面加工とかはしていないんだけど、さすがに加工なしでは取っ手部分が太くなりすぎて持ちづらい。
ここは曲面加工ほしいところ。

あと気になったのは液晶パネルというかタッチパネルの固定方法。
液晶パネルは、こんな細長いパネルは存在しないので、2枚を並べる予定。
ただ、2枚ならべてもこの横幅にしようとするとそれなりに大きいパネルが必要になる。
そうすると、割と縦幅のほうが隠れる部分が多くなるわけだが、同じくタッチパネルも隠れることになる。
隠れる部分のタッチパネルはフレーム等に当たらないようにしつつ、そんなに隙間があかないようにするのは、なかなか難しそうだ。

うむむむ・・・