FOSTEX 8cmユニット用バックロードホーンスピーカーを製作

久しぶりにバックロードを作ってみようかと思い、こちら(http://www.geocities.jp/mdkq0968/fe83e-plan.htm)の設計そのままで一つ作成してみた。

だいぶ前にできあがっていたのだけど、ブログには書いてなかったので、まとめる。

ユニットは、FE83EnとFF85WKを装着してみた。

測定結果

  • FE83En

  • FF85WK

双方とも200Hzくらいに鋭いディップがある。

バックロードはこれくらいに鋭いディップができるようなので、バックロードとしてうまく機能しているということだろう。

音を聴いた感じでは、FE83Enのほうはこもった感じの音が強く、ちょっと残念。

測定結果を見る限り、結構、低音域が低いところまで伸びているんだけど、100Hz付近がからっきしなので、低音があんまり鳴っていないように聞こえる。

FF85WKはだいぶバックロードらしく、勢いのある低音が鳴ってくれるのだけど、やっぱり少しこもったような感じの音になってしまうみたい。

一緒に聞いていた友人曰く、一枚膜をかぶせたような音らしい。

やっぱり、もっと磁気回路の強い駆動力のあるユニットじゃないと、バックロードはうまく鳴らせないかな。

吸音材を増やすと、こもった音はだいぶなくなったけど、やはり完全にはとれない。

バックロードのスピーカーは、以前のD-10に続き2作品目なんだけど、どうもうまくいかない。

製作過程

関連エントリ


新装版 世界でただひとつ自分だけの手作りスピーカーを作る (講談社の実用BOOK)

新装版 世界でただひとつ自分だけの手作りスピーカーを作る (講談社の実用BOOK)